ホーム > ニュース > 本文

EPTAの世界Pultrusion会議は革新をスポットライト

Dec 24, 2016

欧州プルトルージョン技術協会 (EPTA)は、チェコのプラハで、3月3日から4日まで、世界一周の世界プルトルージョン会議を開催しました。 EPTAの使命は、「外部のコミュニケーション努力を最大限にして複合プロファイル業界の成長を支援する」ことです。

EPTAのPresident、Luigi Giamundo、Atp Srl Avanzate Tecnologie Plastiche(イタリア、Barletta)の所有者/ CEOは、現在までの最大のEPTA代表団である24ヶ国から124人の登録者を歓迎し、市場動向、機械およびプロセスの革新、持続可能性と環境問題と原材料の開発。

Elmar Witten、会議主催者AVK - Reinforced Plastics eV連合(ドイツ、フランクフルト)のマネージングディレクターは、複合材料市場におけるプルトルージョンの相対的地位について議論しました。 世界の複合材生産量880万トンのうち、2014年にJEC Composites (フランス、パリ)が実施した調査によると、欧州のシェアは約230万MTであったと報告しています。繊維強化熱可塑性プラスチックは、引き抜き加工された製品を含む連続繊維強化熱硬化性樹脂が約104万MTを占めています。 ドイツは最大の生産国であり、スカンジナビア(フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク)がそれに続く。 ウィッテンは、欧州の100社がヨーロッパで製造された複合製品の約98%を生産しています。主に、自動車、建設、電気/電子分野のグラスファイバーアプリケーションに加えられています。 プルトルージョンの生産は、その文脈ではゆっくりではあるが着実に成長しているが、現時点では、複合材料市場は依然として、シート成形およびバルク成形化合物を使用するプロセスによって支配され、続いてハンドレイアップおよびスプレーアップが行われる。 炭素繊維複合材料は、自動車および航空宇宙市場において同様の漸進的成長を示している。